名谷の歯医者さんでの治療に余念がありません

知り合いの娘さんは結婚が決まってうれしそうです。

そして、「いつ妊娠してもいいように。」と名谷の歯医者さんに通って、歯の治療をしています。

そういえば、妊娠中に歯が弱ってしまった、という人の話を聞くことがありますね。私は勝手に、お母さんの体内からカルシウムが赤ちゃんに補給されるからかな、なんて思っていましたが、そういうわけでもないようで。

妊娠中に虫歯になりやすいのは、つわりや唾液の量が減ることによってだそうです。また、歯周病も悪化しやすいそうですよ。女性ホルモンが増えて、歯ぐきからの出血が多くなり、歯石が多く付着するんだそうです。

妊娠中でも歯科治療を行なうのは問題ないそうです。レントゲンも歯科麻酔もほとんど影響ないそうです。無痛分娩のときに使用される麻酔と同じものだそうですよ。

薬は避けたほうがいいようですが、あまり我慢すると、そのほうが赤ちゃんに悪影響を与えるということで薬を出すこともあるとか。産婦人科の先生と相談した上で、胎盤を通過しない、赤ちゃんに影響を与えないものが選ばれるそうです。心配ならば、かかりつけのお医者さんとよく相談するといいですね。

そういえば、森三中の大島さんも、先日妊娠が発表されましたね。やっぱり歯の治療もしているのかなぁ?

- No Comments on this Post -