殺菌による虫歯治療の方法

虫歯の治療というと歯を削る治療法が昔から一般的で、歯を削られるから歯医者さんでの治療は苦手という方も少なくないでしょう。
そんな歯を削る治療法ですが、削った個所に銀やプラスチック等の素材の詰め物をするのが一般的で、この詰め物をしたことによる隙間や接着剤の劣化により、虫歯の再発が懸念されるという考え方も出てきているようです。
このような歯を削って詰め物をするという治療法のほかに、新たに歯を削らないで治療をするという方法が注目されてきているようです。
そこで、そんな削らない治療法の代表である殺菌に注目し、殺菌による虫歯治療の方法を調べてみました。
まず初期虫 歯の場合、オゾンの高い殺菌力を利用したヒールオゾン治療というものがあるようです。
これは虫歯の部分にオゾンを当てたり、マウスピースを装着して内部にオゾンを充満させるなどして、歯の一部や全体の殺菌を行うようです。
また、中等度の虫歯の場合にはプラズマレーザー治療が使われ、他の歯を傷つけることなく虫歯菌のみを殺菌して治療できるそうです。
さらに神経まで到達したような重度の虫歯の場合にはセメントに含まれる鉄と同イオンの殺菌力が使われたドッグベストセメント治療が行われ、神経を抜かずに治療できるようになる可能性もあるようです。
さらに、プラズマレーザー治療とドッグベストセメント治療の併用によって治療の短期間化も可能になってき ているようです。
これらの治療を受けられるのはまだ限られた医院かもしれませんが、気になったら是非検討してみてはいかがでしょうか。

- No Comments on this Post -